Auto PDF Printer

【経緯】

窓の杜にも、同じようなソフトがありましたが、現在のAcrobat Readerでは私の環境では、正常に動作しませんでした。
ネットでも調べましたが、VBSなどのスクリプトでもできるようでしたが、しっくりできなかったので、自分でプログラムを作成することにしました。
 

【目的】

自宅には、プリンターがカラーインクジェットプリンター(複合機)とモノクロページプリンターがあります。
大学受験勉強のため、インクジェットプリンターでの資料やテキストのコピーが頻繁になり、カラープリンターのインクの減りがすごく、コストが馬鹿になりません。
そのため、カラープリンターのスキャンした資料をモノクロプリンターに印刷する方法で対応しようと考えました。
 

【プログラム】

  • 概要
  1. インクジェットプリンターから資料をPDF化し、パソコンに保存。
  2. パソコンで常駐しているソフトは特定のフォルダを監視します。
  3. 新しいファイルを発見するとAcrobatReaderから指定されたプリンターに印刷します。
  4. AcrobatReaderは印刷後、終了しないみたいなので、指定した時間を待って、AcrobatReaderを強制終了させます。
  5. その後、PDFファイルをバックアップフォルダに移動します。
  6. バックアップフォルダに移動したファイルは所定の期間を経過すると削除されます。
  • 詳細

こちらを参照ください。

  • ダウンロード

まだ、納得ができている形ではありませんが、完璧を求めるといつまでも公開することができないので、ひとまず利用することはできそうなので公開します。

【問い合わせ】

ご不明な点がございましたら、こちらからお願いいたします。

【免責規定】

  • このサイトから得られる全ての情報・情報体によって生じる結果は、その情報・情報体の利用者が全責任を負います。当サイト運営側では一切の責任を負いません。
  • 当サイト上、および、当サイトからリンクされたサイトに存在するあらゆる情報は、正しい情報である保証はありません。よって、このサイト上の情報を利用した際になにか問題が生じても、当方では一切責任を負いません。
  • 当サイトからダウンロードできる全てのソフトウェアとファイルについて、それを利用した際に発生したあらゆる問題について、その予見可能性にかかわらず、当方では一切の責任を負いません。
  • 当サイトからダウンロードできる全てのソフトウェアとファイルは、危険で誤りのあってはならない環境下(ハイリスク活動)で利用できるようには作られていません。
  • 当サイトでは色々な場所で質問を受け付けていますが、それに対して、正しい応答ができる保証はありません。
  • 当サイトは、趣味の範囲で活動をしております。よって、趣味の範囲を超えることはできません。
  • 当サイトからダウンロード可能なソフトウェアを当サイト以外の場所から入手した場合も、その結果については当方では責任を負いません。一般に、当サイト以外の入手先も、責任を負いません。また、その媒体に事実でないことが書かれている可能性は十分にあり得ますので、不自然に思ったことについてこちらに質問をよせる前に、まずは当サイトで該当情報がどう記載されているかをよく確認してください。
  • ソフトウェアに関して質問を寄せる場合は、それが最新バージョンかどうかを確認してください。旧バージョンに対する質問にはお答えいたしかねます。
  • 当サイトからダウンロード可能なソフトウェアを他人に実行させて他人が不利益を被った場合は、そのソフトを使わせた人が全責任を負います。メールにより送られてきた場合、本サイト以外のサイトからダウンロードさせてきた場合などは、メールの送信者、その本サイト以外のサイトの運営者が責任を負います。こちらに質問を寄せられても、一切応じません。
  • 当サイトからダウンロード可能なソフトウェアを利用して、他人に不利益を被らせたり、道徳・憲法・条約・法律・条例・政令・省令・判例・その他の規則に反する行為を行ってはいけません。行った場合は、ソフトウェアの使用者が全責任を負うものとします。
  • 当サイトからダウンロード可能なソフトウェアは、自称初心者の方はご利用になれません。従いまして、自称初心者であるが故の質問などは一切受け付けておりません。
  • 本ソフトウェアの著作権上の規定は、日本国の法律に準拠することとします。
The following two tabs change content below.
柴ぱぱ

柴ぱぱ

東京葛飾区生まれの40代後半で、妻と息子二人で生活をしています。 20歳からシステムエンジニアをし現在も客先で人事系の業務を行っています。更に、数年前から10名程度のシステム会社の取締役と2017年からパソコン教室運営している会社の取締役で、日々頑張っています。
柴ぱぱ

最新記事 by 柴ぱぱ (全て見る)

Top